FXの取引は移動平均線を利用すると精度の高い取引をすることができます

FXの取引で利益を出すためにはより精度の高い取引をする必要がありますが、その方法の一つに移動平均線を利用するという方法があります。移動平均線とは為替の値動きを示したチャートの一つで一定の期間の間の平均値を線で結んだものです。そのため移動平均線よりも為替の値が上にある場合は強気の相場、移動平均線よりも為替の値が下にある場合は弱気の相場と判断することができます。

そのため移動平均線よりも為替の値が上にあれば買いでエントリーをして、移動平均線よりも為替の値が下にあれば売りでエントリーすることによって利益を出せる取引をすることができます。

そして私もいろいろなチャートを覚えるのが嫌なので誰もが使用している基本的なチャートである移動平均線だけを利用してFXの取引をしていますが、上記のような取引をすることによって安定した利益を出すことができています。

FXにおけるテクニカルの利用について

FXの取引には様々なテクニカが存在しています。例えばボリンジャーバンドであったり、MACD、フィボナッチなどそのほかにも多数のテクニカルがあります。

これらは取引に有効に使えるものかといえばそうでもありません。そのテクニカルで買いのサイン又は売りのサインが出ていたからといって必ずその通りに利益が出るわけではなく利益が出ることもあれば損益になることもあります。つまりそのテクニカルのサインによって利益が出たのか偶然なのか判断できないほどの精度しかないというわけです。

たまたまそのテクニルのサイン通りに売買して利益を伸ばしたとしても、その後取引を続け結局は利益を失ってしまった人がほどんどでしょう。

このようにテクニルというものは結果論でしか有効だったのか無効だったのか証明できない程度の存在です。テクニカルを利用するにあたってはあくまでポジションを持つ場合の動機付け程度の物だと思って過信することなく見ておくことが重要となります。

FX取引初心者が身につけたいテクニック

“初心者が思いがけず良好な成績をおさめることをビギナーズラックと言います。FXにおいてもビギナーズラックはそう珍しいものではありません。初心者が直感だけで取引を行っても、思いのほかスムーズに成功することもあるのです。

ただしビギナーズラックは長く続くものではありません。やはり少し経つと壁にぶち当たることも多いです。壁に当たってからは、FX取引を成功に導くのはテクニックになります。社会情勢を読むテクニックやチャートを読むテクニック、リスク管理を行うテクニックなどを合わせることでFX取引の成功は近づいてくるのです。

FX取引の成功に欠かせないテクニックは、率先して学ぼうとしないとなかなか身に付かないものです。何度も取引を行ううちに少しずつ身についてくるテクニックもありますが、それだけではやはり不充分だと言わざるを得ません。

いち早くテクニックを駆使して取引に成功できるようにするには、まずはテクニックの習得が不可欠です。FX初心者は、取引に有効なテクニックの習得を心がけてみると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>